地縛霊が多いといわれる心霊スポット 多良崎城とは

Sponsored Links

今回紹介する多良崎城は、今まで紹介した中でも一番恨みや心残りのある者が死んでから成ると言われる地縛霊が登場する恐ろしいスポットです。

今回は何故地縛霊が蔓延っているか等も解き明かしながら、多良崎城を紹介していこうと思います。

多良崎城とは

多良崎城は、現在の茨城県のひたちなか市足崎に存在した、多良崎三郎によって築城された城です。広大な真崎浦に囲まれていた事もあって利便性は余り良くなく、城主は別の館で居住し、多良崎城は地政学的な観点から設置されたものであり詰め城という認識が強かったとされています。

多良崎三郎が南北朝騒乱で南朝側に加勢した事で結局は没落を招いてしまい、その後は江戸通重が足崎氏を名乗りながら統治しました。ですが、その後豊臣秀吉の天下統一の際に佐竹氏によって落城してしまいました。

Sponsored Links

心霊スポット情報

多良崎城の前を通る道

一番有名なのは、多良崎城の前を通る道に、女性の霊が現れるというもの。その女性の霊は、道に突然現れてドライバー達の目を引き事故を誘発するそうなのです。それを象徴するかの様に、余りの事故の多さで復旧が間に合わない凹んだガードレールが続いており、異様な雰囲気を醸し出しています。

城址へと続く林道

次に、城址へと続く林道が心霊スポットとして挙げられています。その林道に入ってしばらく進むと、天気が良かった筈なのに突然霧に覆われてしまい、びっくりしている内に突然正面から女性が現れて追いかけて来るそうです。

また、城址に夜に近付いて一定の場所から先に足を踏み入れると、突然大勢の女性の声が聞こえてくるそうなのです。

一応の目安として、本郭と書かれた看板がある先に踏み入れると聞こえたという報告が一番多く上がっています。

女性の霊が多いワケ

合戦場所であった筈である上に、命を落とした姫がいたという話も聞かれません。では、何故女性の霊が多く目撃されているのでしょうか?

それは、城址の近くの池や林道が関係していました。

今も城址を始めとして、そこには多くの合戦で敗れた武士達の地縛霊がもがき苦しんでいるそうで、その苦しみに充てられた人が毎年誘われるかの様に突然城址付近で姿を消したり、自ら命を絶ってしまうというのです。

そうして多くの地縛霊が生まれ、今も近付く者に対して自らの苦しみをぶつけるかの様にあの世へと引きずり込むのではと言われています。

終わりに

この心霊スポットは、テレビでも紹介される程に危険で霊が多い場所として今も恐れられています。

自己責任で行く様にお願いします、くれぐれも無念を残した女性に引きずられてしまわないように…。

心霊スポット体験動画

Sponsored Links

この記事が気に入ったら
いいねで城の小ネタをお届け!

城ログの最新情報をお届けします

カテゴリー

ページ上部へ戻る