真田幸村といえば、大坂冬の陣の真田丸 その場所はどこにある!?

Sponsored Links

ゲームや大河ドラマなどで近年知名度がぐんぐん上がってきた真田幸村。

彼の一番有名なことは、大坂の陣においての奮戦ではないでしょうか。

特に、その名を冠した真田丸は名だたる大名の軍を相手に奮戦したことで有名です。

近年、これまでの通説を覆す真田丸の場所などに関する新説が出てきています。

大河のタイトルにもなった 真田丸とは

関ヶ原の合戦後、徳川氏のもと日本は徐々に穏やかになっていきますが、豊臣秀吉の遺児、豊臣秀頼が成人する頃になると徳川氏、豊臣氏の対立は明らかになってきます。

兵糧などを集め始めた豊臣方は、各地の大名や関ケ原の合戦で負け領地や主を失った浪人に檄を飛ばしますが、大名で豊臣方につくものはいませんでした。

変わりに、家名復活を願う浪人たちが続々と集結し、その中には元大名などもいました。

その一人が関ヶ原の戦いで西軍につき、戦後九度山で蟄居生活を送っていた真田幸村でした。

大坂城は現在の3~4倍の広さがあったといわれ、周囲を流れる淀川などで天然の要塞となっていました。しかし、城の西南に広がる平野は空堀があるのみで、築城した豊臣秀吉も唯一の弱点と考えていた節があります。

そのため、そこに出丸を作る必要性があり、それを受け持ったのが真田幸村のために、通称真田丸と呼ばれています。

Sponsored Links

実は孤立無援の背水の陣の出丸

以前から、この出丸は背後のお堀を通じて容易に城内との行き来ができると考えられていましたが、最近の研究で、真田丸と堀の間には大きな谷があり、孤立無援状態だっという説が出ました。

また、この場所に出丸が必要なのは集まった者たちにも分かっており、特に後藤又兵衛に至っては木材など集めていたので、幸村が作り始めたことで険悪な関係になった時期もあったといわれています。

また、幸村単独の出丸と思われがちですが、実際には幸村と長宗我部盛親で担当したといわれています。

真田丸 現在ではどの辺り?

当時の絵地図などが残っているため、一般的には明星高校とその東にある心眼寺一帯といわれています。

さらに東に行った三光神社の伝承として三光神社のある高台と宰相山を均して出丸にしたと考えられています。

また、西の鎌八幡にも、ここが真田丸の西端という説があり、かなり広大なものであったと思われます。

667d9fc6e9eebc86e30168b5005260a1_s

現在の真田山は後世の間違い?

大坂城近辺にある真田山。幸村の古戦場跡とされていますが、古地図などを基に考えられている場所とは違っています。

これは、本来の真田丸であったと思われる宰相山が真田山と混同されてしまった結果という説があります。

今後、お互いの地の発掘調査などで遺構などが発見されることに期待したいです。

Sponsored Links

この記事が気に入ったら
いいねで城の小ネタをお届け!

城ログの最新情報をお届けします

カテゴリー

ページ上部へ戻る