天下の名城大坂城 石垣の高さも日本一!?

Sponsored Links

大坂城といえば、そびえ立つ緑色の天守閣ですが、石垣の美しさも必見です。

巨石が多い大坂城ですが、石垣は端正な美しい石達が整然とならんでいます。

天守閣や巨石たちに霞みがちですが、この石垣は高さも日本一であることを知っていますか?

西は石垣、東は土塁

お城といえば天守閣、お堀、石垣を想像しますが、実は石垣を持つ城は西日本が主で、東日本の城は土塁が主だということをご存知でしょうか。

現在の皇居でもある徳川家康によって築かれた徳川将軍家の居城であった江戸城も、石垣だけでなく土塁も多用されていました。

また、天下普請といい、幕府の命令で全国の大名が役割を割り振られて築城することが度々ありましたが、その際も、石垣は西国大名が担当し、堀・土塁は東国大名が担当するとと割り振られていました。

このことからも、西国大名が石垣づくりを得意としていたことがうかがえます。

そもそも、石垣に適した岩石は、瀬戸内海の島々に多く、そのため、その近隣の西日本で多く使用されたと考えられています。

大坂城の石垣

石垣の高さをランキング化してみると、上位3位のうち、大坂城の中の石垣が2箇所ランクインしており、上位10位以内となると、3箇所がランクインとなります。

※複数箇所ランクインするお城は大坂城のみ

このことからも、大坂城の石垣は他のお城に比べ格段に高いことがうかがえます。

そして、大坂城内で一番高い石垣は本丸東面の石垣とされており、水の中からの測定で32mといわれており、実際に私たちの目に触れているのは、お堀の水面から上の天端石までは、季節や天気で水面に多少の変動はありますが、大体、24メートルであるとされています。

Sponsored Links

石垣の高さランキング ベスト5

順位 城名 場所 高さ
1位 大坂城 本丸東面の石垣 32m
2位 伊賀上野城 本丸の石垣 26m
3位 大坂城 千貫櫓・大手多門櫓下の石垣 26m
4位 姫路城 帯の櫓下の石垣 23m
5位 熊本城 宇土櫓台の石垣 21m

大坂城内の高い石垣の場所ベスト3

順位 場所 高さ
1位 本丸東面の石垣 32m
2位 千貫櫓・大手多門櫓下の石垣 26m
3位 千本丸南面の石垣 20m

dbd0240487d758c56c5af62f57929883_s

今の石垣は徳川氏によって築かれたもの

現在の大坂城の石垣は、豊臣秀吉が築城したのではなく、徳川家康によって築かれました。

大坂夏の陣で豊臣氏の滅亡と共に燃え落ちた大坂城ですが、徳川家康によって急ピッチで築城されました。

その際に豊臣時代の大坂城の遺構の上に盛り土をして築城したため、当時のものは地中深くに眠っていると考えられていましたが、最近の発掘で豊臣時代の石垣が発見されており、現在は一般公開されていませんが、今後一般公開するように働きかける運動が行われています。

Sponsored Links

この記事が気に入ったら
いいねで城の小ネタをお届け!

城ログの最新情報をお届けします

カテゴリー

ページ上部へ戻る